LIG_h_officezangyousurudansei

Googleタグマネージャでアナリティクスの外部リンク&内部リンクイベントを簡単に取る方法!

 
GoogleタグマネージャでGoogleアナリティクスのイベントトラッキングを簡単に取っちゃおう第二回目です。

第一回目は特定のクリックイベントを取る方法を紹介しました。
最初の方の流れは今回と同じな部分が多いため、先に下記の以前の投稿を先に読まれることをオススメします。

今回もまたクリックイベントなのですが、サイトの外部リンクと内部リンクイベントを簡単なjQueryコードを埋め込んで取っている方も多いかと思います。

 
外部リンクと内部リンクイベントが取れるjQueryコード

書き方は色々あると思いますが、こんな感じのコードを入れている方はいらっしゃいませんか?

今回はこれをGoogleタグマネージャで作っちゃおうという感じですね。

プログラミングやWordPressを習得するのに一番近道な方法とは?

Googleタグマネージャでサイト内のリンククリックイベントを取ろう

まずリンククリックイベントをGoogleタグマネージャで取る場合は必ず作らなくてはいけないタグがありましたよね?
そうです「リンククリックリスナー」タグです。

 

手順① まずはリンククリックリスナータグを作る

リンククリックリスナータグは簡単に作成出来ます。
タグの新規作成画面に進んでもらって

で出来ちゃいます。

Google_Tag_Manager リンククリックリスナータグ

簡単ですね。

 

手順② 外部リンクと内部リンククリックのルールを作る

次はルールを作っていきましょう。
ドラフト > サマリー > 新規作成 > ルールの新規作成に進んで下さい。

外部リンクルール

これだけです。

Google_Tag_Manager_外部リンククリックイベントルール

 

内部リンクルール

内部リンクは外部とは逆にelement urlに「自サイトのドメイン」を含むで設定しましょう。

Google_Tag_Manager_内部リンククリックイベントルール

 

手順③ 外部リンクと内部リンクのイベントタグを作ろう

終わりに近づいてきました。
ドラフト > サマリー > 新規作成 > タグの新規作成に進んで下さい。

外部リンククリックイベントタグ

簡単ですね。

Google_Tag_Manager_外部クリックタグ

出来ましたか?
次は内部リンクタグ作成ですが、ほとんど同じことをやります。

内部リンククリックイベントタグ

こちらは外部リンククリックタグとほとんど同じなので、違う部分だけ言いますね。
配信ルールを先ほど作成した「内部リンククリックルール」にする、だけです。
あとは全部同じです!

 

手順④ 公開する

忘れずに公開しましょうね。
08_Google_Tag_Manager 公開

 

イベントが取れるかアナリティクスのリアルタイムレポートで確認

さあ、最後に本当にイベントが取れるようになっているか確認しましょう。
Googleアナリティクスのリアルタイム > イベントに遷移して、実際に自サイトの外部リンクと内部リンクをクリックすると、

Google_Analytics_と_Google_Tag_Manager_イベント確認

 
発生した!
「イベント発生確認!」

きましたね。

 

まとめ

Googleタグマネージャは最初はちょっと取っ付きづらいですが、慣れると管理画面だけで簡単に色々イベントやタグを入れられるので手放せなくなりますよ。
まだ使ってない!という方は一度ちょっと試しにつかってみることをオススメします。

もし良かったらフォローとか購読して頂けると嬉しいです!╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

follow us in feedly

コメントを送る

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA